mopbomアメリカ空軍研究所で開発が進められていた大型貫通爆弾(MOP)正式名称GBU-57が部隊に本格配備されたと発表がありました。主に核開発を進めている対イラン戦を意識した報道がなされており、このタイミングでの発表はイラクからの米軍撤退を受けての牽制かと考えられています。MOPは従来の貫通爆弾(バンカーバスター)では対処できない、鉄筋コンクリートで保護された指揮、貯蔵施設等の破壊を目的としており、貫通力はBLU-109の約30倍、GBU-28の約9倍で、厚さ60mの鉄筋コンクリートも貫通可能としています。


MOPは直径0.8m、全長6m、約14トンの重量を量り、低感度爆薬が約2.5トン充填されています。GPS衛星ナビゲーション誘導により高い精度を実現し、ステルス爆撃機との組み合わせにより速やかに地下目標を攻撃、指揮系統を沈黙できるとされています。運用はB-2ステルス戦略爆撃機が行い既に細かな機体改修は完了しています。米空軍報道官によると、米航空宇宙大手ボーイング社が3200万ドル(約24億7000億円)の契約で8発のMOPを製造することになっているとのこと。

■参照記事
http://www.theregister.co.uk/2011/11/16/mop_on_the_spirit_at_last/

軍用機ウエポン・ハンドブック―航空機搭載型ミサイル・爆弾450種解説 (ミリタリー選書)軍用機ウエポン・ハンドブック―航空機搭載型ミサイル・爆弾450種解説 (ミリタリー選書)
青木 謙知

F-22はなぜ最強といわれるのか ステルス、スーパークルーズなど最新鋭戦闘機に使われるテクノロジーの秘密に迫る (サイエンス・アイ新書) 図解 戦闘機 (F-Files No.023) (F‐Files) 軍用ヘリのすべて―あらゆるミッションを生き抜く万能機 (ミリタリー選書) イージス艦入門―最強防空システム搭載艦のすべて (ミリタリー選書) 戦闘機年鑑 2011-2012 (イカロス・ムック)

by G-Tools