f119last

2013年1月17日、米エンジンメーカー大手「プラット・アンド・ホイットニー(P&W)」社は米空軍のステルス戦闘機F-22(ラプター)用搭載エンジン「F119-PW-100」の最終507号基を納入したと発表しました。同日コネチカット州ミドルタウンのエンジン・センターにおいてF-22生産に携わるロッキード・マーティン、ボーイング、P&W、空軍の関係者よる完納記念式典が実施されています。F119-PW-100は世界初の第5世代戦闘機用実用ターボファンエンジンとして開発され、スーパークルーズ、推力偏向ノズルを実現した傑作エンジンであり、現在開発中のF-35(ライトニングⅡ)に搭載されるF135エンジンのベースにもなりました。
カラー図解でわかるジェットエンジンの科学 (サイエンス・アイ新書)カラー図解でわかるジェットエンジンの科学 (サイエンス・アイ新書)
中村 寛治

徹底検証! V-22オスプレイ ティルトローター方式の技術解説から性能、輸送能力、気になる安全性まで (サイエンス・アイ新書) ドッグファイトの科学 知られざる空中戦闘機動の秘密 (サイエンス・アイ新書) AIRLINE (エアライン) 2012年 12月号 ジェット・エンジンの仕組み―工学から見た原理と仕組み (ブルーバックス) 鉄道車両の科学 蒸気機関車から新幹線まで車両の秘密を解き明かす (サイエンス・アイ新書)

by G-Tools
19b693a5.jpg


b837f296.jpg


e2636c23.jpg


61e3b4d8.jpg


式典に出席したP&WミリタリーエンジンズCEOベネット・クロズウェル社長は「生産から12年間。今日この日は私たちにとってほろ苦い機会です。F119エンジンの生産プログラムは終了しますが、我々はこれから40年以上空軍最高の戦闘機F-22に携わることでアメリカに貢献できることに喜びを感じます。」と述べました。同社では今後オクラホマシティ・航空センターでエンジンのオーバーホール、管理へを行い米空軍と提携していきます。

■プラット・アンド・ホイットニー:プレスリリース
Pratt & Whitney Delivers Final Production F119 Engine to the U.S. Air Force